髭が濃くなる原因は

髭マッチョ

 

身長や体型、顔の感じなど遺伝によるものが多いと言われています。では、髭の濃さはどうでしょうか。確かに体毛の濃い人は遺伝の場合が多いようです。同様に髭の濃さも遺伝によるところが多いと言えるでしょう。
ですが、すべてが遺伝だとあきらめてしまう必要もありません。髭の濃さには、男性ホルモンが影響を与えている場合が多いとも言われているからです。男性ホルモンの分泌が促進されると、体毛が濃くなります。つまり、どういう状況で男性ホルモンの分泌が促進されるのかを知っておけば、遺伝以外で髭が濃くなる原因を防ぐことが出来るのです。
髭が濃くなる、つまり男性ホルモンの分泌が促進される原因として、食事が挙げられます。野菜よりも肉中心の食事だと、男性ホルモンの分泌が促進されます。また、嘘のような話ですが筋トレをしても男性ホルモンが分泌されると言われています。体を鍛えようという鼓動が脳に刺激を与えるようです。また、体を鍛えると食事も自然と肉中心になってきますので、男性ホルモンの分泌はさらに促進されると言えます。
タバコで体内に入る有害物質を排出しようとする場合も男性ホルモンが分泌されると言われています。また、寝不足やストレスによるホルモンバランスの崩れも影響すると言われています。
また、髭を剃ったところでまた生えてくるからと抜こうとする人がいますが、これも逆効果です。髭を抜くことで体が前よりも強い髭を生やそうとして、濃く強い髭が生えてきてしまいます。
間違った髭剃りの方法で濃くなってしまう場合もあるようです。シェービングフォームなどをつけずに剃ったり、逆剃りをしたり、古くなった刃を交換せずに剃ったりすると、肌に必要以上の負担がかかります。すると自分の肌を守ろうと髭が伸びてくるのです。
男性ホルモンの分泌や肌への負担など、遺伝以外にも髭が濃くなる理由は多くあります。生活のバランスを見直すなど地道な部分から改善していき、濃い髭が生えるのを防ぐことも大切だと言えるでしょう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP