髭の悲劇

髭が濃い人はハゲてしまうの?

ハゲに悩む男性

 

「髭などの体毛が濃い人はハゲやすい」ということを聞いたことがあるはずです。都市伝説的に言われており、実際に髭の濃い人は頭が薄い人が多く、逆に薄い人は髪がふさふさしているように感じます。
実際に体毛は男性ホルモンの分泌が影響しており、毛髪は女性ホルモンの分泌が影響していると言われています。より男性的な人はハゲており、より女性的な人は髪がふさふさなのでしょうか。
これは、半分正解ですが半分は間違っていると言えます。
確かに髭などの体毛は男性ホルモンの分泌が影響しています。男性ホルモンが体毛の根元に来て、体毛を太く濃くしようと作用します。そのために男性ホルモンの分泌が多い人は体毛が濃くなっていると言われています。
逆に毛髪には女性ホルモンの分泌が影響しています。女性ホルモンが作用して、髪を長く伸ばそうとします。一般的には、男性ホルモンが分泌されると女性ホルモンの分泌が抑えられ、髪の毛の発毛促進作用を抑えているというのが広く伝わっています。
しかし、それならば体毛の濃い人は誰しもハゲていると言わざるを得ません。ですが町中を見てみると、髭などがふさふさしていても普通に髪の毛が生えている人が大勢います。これはどういうことなのでしょうか。
実は毛髪には、男性ホルモンと一緒に5αリダクターゼという酵素も影響しているのです。この5αリダクターゼが男性ホルモンとともに作用して初めて、髪の毛に影響をもたらすと言われているのです。
この5αリダクターゼという酵素が作用すると、脱毛因子を増やしてしまうと言われています。すると女性ホルモンの分泌が邪魔をされ、一定まで伸びるはずの髪の毛が伸びず、途中で抜け落ちてしまうのです。
髭が濃いからハゲるというのは間違いではありませんが、正解でもありません。5αリダクターゼと男性ホルモンが結びつかなければハゲることにもならないのです。自分の髭が濃いからといって、諦めてしまうことは無用なストレスというわけです。

髭の濃いイケメンはほとんどいない

一般的に「イケメン」といえば、どのような男性を想像するでしょうか。程よく筋肉のついたスマートな体つき、高い身長、力のある目もと、整った顔立ち。このような外見が浮かんできます。しかし、「髭」というキーワードはなかなか浮かんできません。肌がきれいで剃り跡がほとんど目立たないというのはイケメンのイメージとして当てはまります。しかし、青々として目立つ剃り跡をイケメンと結びつけるのはどうやら難しいようです。
もちろん、髭が濃い男性でも、イケメンと言える人はいます。しかしそれは、ワイルドな外見の男性であって、しかも濃い髭が似合うとなれば、本当にごく一部、一握りでしかないということを理解しておく必要があります。女性の意見でも、髭の濃いイケメンは「ありえない」というものが多数を占めているのが現実です。むしろイケメンならきれいに剃ってくれという考えが一般的です。つまり、濃い髭のイケメンはいないと言ってしまっても過言ではないでしょう。
さて、濃い髭に対して女性がもつイメージはほとんどがマイナスイメージです。特に剃り残し感のある青髭になるとイメージは最悪です。「清潔感を感じない」「老けて見える」「格好悪い」「だらしなく見える」など散々な言われようです。青髭はたとえそれがイケメンであっても、その男性のイメージを台無しにしてしまう要素となってしまうのです。
青髭は8割以上の女性が嫌っていると言われています。さらに6割以上の女性が格好悪いと思っているそうです。その印象は確実に悪いものなのです。
太っていたり服装がだらしないといった欠点は、努力次第でどうにか改善することが可能です。しかし、髭の濃さはどうしようもありません。上手に剃ればある程度はカバーできますが、それ以上は期待することができないのです。
これを改善するためには、脱毛も一つの手段として考えるのがいいかもしれません。脱毛には様々な方法がありますので、自分のニーズに合ったものを選ぶといいでしょう。

濃い髭や青髭をなくしてイケメンになりたい方はヒゲ脱毛をはじめましょう。こちら(【ヒゲ脱毛で後悔しないプラン】髭は医療レーザーでスッキリ!)でヒゲ脱毛について知ることをおすすめします。

 

電動シェーバー

 

肌が弱い人は電気シェーバーがおすすめ?

肌が弱い男性の悩みの1つとして挙げられるのが、カミソリ負けではないでしょうか。髭剃りという作業は、男性にとって欠かすことのできないルーティーンワークと言えます。ましてやそれが濃い男性になると、それはさらに大きな悩みとなるでしょう。
カミソリ負けで肌が赤くなるのはまだしも、出血してしまうケースなどよく目にします。髭剃りという作業が、カミソリと電気シェーバーという2つの選択肢しかないのも悩み物です。では、どちらがより肌を痛めることなく髭を剃ることが出来るのでしょうか。
男性のほとんどは、カミソリからスタートするのではないでしょうか。髭剃りを始めるのは高校生のころが普通です。その場合、やはり安価なカミソリを購入するのが現実的です。このカミソリで、より弱い肌を痛めずに上手に剃る方法は何なのでしょうか。
まずは、剃る回数を少なくすることです。正確には、肌にカミソリを当てる回数を減らすことです。1枚刃では剃り残しが出やすいため、何度も肌に当てて剃ることになります。1回で連続的に髭を剃り落とす3枚刃や5枚刃を使えば、無駄にカミソリを往復させる必要がなくなります。
そして、蒸しタオルで肌を温めるのも重要です。毛穴が開き、髭が出てくるので剃りやすくなると言われています。
また、カミソリをこまめに交換して常に良い切れ味を保ってください。切れ味が悪いと何度も剃らなければならず、自然と肌を痛めることにつながります。
さて、こういった手間や心配事を解消してくれるのが電気シェーバーです。カミソリに比べると深剃りという点で若干劣りますが、肌を濡らしたり時間をかけたりといった手間は省け、肌を痛めることも少なくなります。
しかし初期投資という点ではコストが高く、また1年程度のペースで刃の交換が必要になってきますので、購入してしまえば以後まったく費用がかからないというわけではありません。ですが、肌が弱く髭が濃い場合は、電気シェーバーの方がよりよい選択と言えるでしょう。

 

 

Menu

TOP